› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 藤川宿-曲手(かねんて)

2009年06月21日

藤川宿-曲手(かねんて)

藤川宿-曲手(かねんて)
地元の人たちは、この辺りを「曲手(かねんて)」と呼んでいている。
(この写真では右側への曲り)。
藤川宿-曲手(かねんて)
曲手とは、直線状に来た道を直角に右に曲がり、また左へとクランク状に曲がる道をそう呼んだ。別名「桝形(ますがた)」とも言われている。
藤川宿の曲手は、慶安元年(1648)に、三河代官が藤川宿の東端に、約500メートルほどの街道を造り、地割をして市場村の人々を移転させ、加宿(かしゅく)市場村を設けたときに、その東はずれを意識的に道を曲げて付けたことによるものと思う。その効用は外敵から宿場町を守るためとか、道を曲げることによって、街道の長さをふやし、そこに住む人をふやしたとも言われている。
この付近は、当時、道中記にも書かれて繁盛した茶屋「かどや佐七」跡が曲がり角にあり、常夜燈(秋葉山灯篭)、そして東棒鼻などがあり、江戸期の面影を止めている。

【藤川まちづくり協議会】

撮 影 日  平成21年5月
撮影 場所  市場町/地図
投 稿 者  藤川まちづくり協議会

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
藤川宿-曲手(かねんて)



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
【写真紹介】水鏡
【写真紹介】初夏の乙川
【写真紹介】もういちど散策
歴史散策に活用できる、歴史観光サインの多言語翻訳の閲覧・音声再生用QRコード付きのカードを配布します
岡崎市の新しいシンボル「徳川家康公像」が完成しました!
6月2日 岡崎百景の会おでかけツアー「悠紀斉田お田植えまつり」開催のお知らせ
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 【写真紹介】水鏡 (2021-10-06 10:00)
 【写真紹介】初夏の乙川 (2021-06-07 13:15)
 【写真紹介】もういちど散策 (2021-05-11 08:00)
 歴史散策に活用できる、歴史観光サインの多言語翻訳の閲覧・音声再生用QRコード付きのカードを配布します (2021-04-22 09:43)
 岡崎市の新しいシンボル「徳川家康公像」が完成しました! (2019-11-26 11:26)
 ★11月17日開催 歴史まちづくりシンポジウム~郷土食の八丁味噌造りにみる歴史的な風情を磨く~ (2019-11-12 12:00)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)歴史の風景
この記事へのコメント
こんばんは。

藤川宿には何度か行っていますが、ここでクランク状に
曲がっているとは知りませんでした。
今度 見に行きたいと思います。
Posted by 明るい朝 at 2009年06月21日 22:02
明るい朝さん、コメントありがとうございます。

宿場町の防衛上の機能としての「クランク」。
「鍵の手」とも呼ばれるこの曲がりは、
景観的な特異な場所としても大切です。
Posted by 岡崎市都市計画課岡崎市都市計画課 at 2009年06月22日 08:37
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
藤川宿-曲手(かねんて)
    コメント(2)