2010年01月20日

渡り鳥

渡り鳥
朝の通勤時、吹矢橋から明代橋方向(西)の河川空間を望むのが毎日の日課となっています。最も身近で、最も四季の移ろいを感じる景観です。日々少しずつ景色は変化しています。特に自然景観は良く観察しているとまったく同じという景色はないのかもしれません。いつの間にか乙川にはたくさんの鳥たちが冬の期間を岡崎の地で過ごすために訪れていました。自然だけでも安らぎや潤いを感じますが、生き物として鳥たちがそこで暮らしている様を眺めるのも心和む景観です。

「ようこそ、岡崎へ。」

そんな気持ちで見つめると、鳥たちにもおもてなしの気持ちがわいてきます。鳥の種類や生態系がわかるともっと親しみがわくのでしょうね。

撮  影  日  平成22年1月
撮 影 場 所  明大寺町/地図
投  稿  者   キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

渡り鳥景観計画策定作業の一環として、2月14日に景観まちづくりシンポジウムを開催します。参加希望の方は、岡崎市都市計画課ホームページより開催チラシをダウンロードし、お申し込みください。ご参加お待ちしております。
↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
渡り鳥



同じカテゴリー(水と緑の自然の風景)の記事画像
【写真紹介】池のまんじゅう
【写真紹介】水鏡
【写真紹介】私の好きな岡崎の風景
【写真紹介】初夏の乙川
【写真紹介】南公園の夕暮れ
【写真紹介】もういちど散策
同じカテゴリー(水と緑の自然の風景)の記事
 【写真紹介】池のまんじゅう (2021-12-28 14:15)
 【写真紹介】水鏡 (2021-10-06 10:00)
 【写真紹介】私の好きな岡崎の風景 (2021-08-13 12:30)
 【写真紹介】初夏の乙川 (2021-06-07 13:15)
 【写真紹介】南公園の夕暮れ (2021-05-12 09:00)
 【写真紹介】もういちど散策 (2021-05-11 08:00)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)水と緑の自然の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
渡り鳥
    コメント(0)