› 岡崎いいとこ風景ブログ › くらしの風景 › 藤川宿の米屋保全活用への勉強会

2010年01月24日

藤川宿の米屋保全活用への勉強会

藤川宿の米屋保全活用への勉強会
「藤川宿」。

本陣近くに伝統様式を今に伝える町家が数軒あります。

なかでも「銭屋」や「米屋」は宿場町らしい風格を漂わせています。

そのうち、「米屋(野村家住宅)」では、昨年夏より江戸後期建築の建物を保全し活用の方策を探る、地元まちづくり団体「藤川まちづくり協議会」と所有者の方による勉強会等が行われています。

昨日は、愛知産業大学大学院の延藤安弘教授を講師に「幻燈会」と称してスライドによる事例紹介等が行われました。
高齢者や地域のいろいろな世代の寄り合いや憩いの場としての、「まちの縁側」になりうる可能性が、この米屋の建物、つまり地域のタカラであるこの建物は、藤川の人たちにとって「縁側」であり、まち育て、ひと育ての場であると。

住んでいる人らがイキイキと、そしてそれらを遠くの人らがナンヤナンヤと訪れる。

そんな活気ある優しい、コミュニティが育くまれるヒントをたくさんもらえたような会でした。

「もっと多くの人に、この話を聞かせてあげ、想いをわかちあいたい」

参加者の方の感想です。

この「縁」を大切につなぎ、米屋の保全活用へ一歩ずつ前へ。

撮  影  日  平成22年1月
撮 影 場 所  藤川町/地図
投  稿  者   キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

藤川宿の米屋保全活用への勉強会景観計画策定作業の一環として、2月14日に景観まちづくりシンポジウムを開催します。参加希望の方は、岡崎市都市計画課ホームページより開催チラシをダウンロードし、お申し込みください。ご参加お待ちしております。
↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
藤川宿の米屋保全活用への勉強会



同じカテゴリー(くらしの風景)の記事画像
【写真紹介】水鏡
【写真紹介】私の好きな岡崎の風景
【写真紹介】南公園の夕暮れ
【写真紹介】梅が咲く季節になりました
春はすぐそこ
殿橋上に大輪の花咲く
同じカテゴリー(くらしの風景)の記事
 【写真紹介】水鏡 (2021-10-06 10:00)
 【写真紹介】私の好きな岡崎の風景 (2021-08-13 12:30)
 【写真紹介】南公園の夕暮れ (2021-05-12 09:00)
 【写真紹介】梅が咲く季節になりました (2021-02-16 11:00)
 ★11月17日開催 歴史まちづくりシンポジウム~郷土食の八丁味噌造りにみる歴史的な風情を磨く~ (2019-11-12 12:00)
 春はすぐそこ (2019-02-26 13:49)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)くらしの風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
藤川宿の米屋保全活用への勉強会
    コメント(0)