› 岡崎いいとこ風景ブログ › 自然の風景 › ブルームーン

2010年02月02日

ブルームーン

ブルームーン
1月30日は「ブルームーン」とのこと。
幻想的な満月、歌やカクテルをイメージするのですが、
実はひと月に2回満月を迎える場合、2回目は「ブルームーン」と呼ぶそうです。
1月30日は1月1日に続き2回目。よって「ブルームーン」。

国立天文台・天文ニュース (509) 2001年12月27日によれば「ブルームーン」という言葉は天文の正式な用語ではなく、定義がはっきりしていないとのことです。そうは言っても1月30日は、2004年8月30日の「ブルームーン」以来で2010年1月1日の満月に続き30日2回目の満月で、「ブルームーン」言葉の響き、また数字の区切りも良く大変貴重な1日、それゆえ私は願いを込めました。

  *手前は愛知病院、左の小さい建物は岡崎市民病院です。
  *2010年2月は百年に3回といわれる、満月が無い月です。
  *2010年3月は二度目のブルームーンがあります。

撮  影  日  平成22年1月30日
撮 影 場 所  欠町/地図
投  稿  者  シモン

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ



ブルームーン景観計画策定作業の一環として、2月14日に景観まちづくりシンポジウムを開催します。参加希望の方は、岡崎市都市計画課ホームページより開催チラシをダウンロードし、お申し込みください。ご参加お待ちしております。



セーラ・マリ・カミングスさんが岡崎にやってきます!

同じ場所で・・・同じスタイルで・・・暮らしていると、なかなか気づかないそのまちの良さや本物の価値。

アメリカからやってきたセーラさんは、長野県の小布施のまちの良さや本物の価値を見いだし、それに共感する多くの人たちとともに、楽しく魅力あるまちづくりに取り組んでいます。

岡崎も多くの資産(ヒト・モノ・コト)を持つまち。これらを活かし融合させて新たな魅力や活力を見いだしませんか?

セーラさんが語る小布施での取組みに聞き入ると・・・本質的なことは意外と・・・シンプルで、身近にあって、楽しいことに気づかされます。

たくさんの方に聞いてもらいたいと思います。
ご参加お待ちしています!

【申込】
入場整理券が必要です。
都市計画課都市景観班 電話0564−23−6261
 ①名前、②住所、③電話番号をお知らせください。

【セーラさんってどんな人?どんなことしてるの?】
セーラ・マリ・カミングスのプロフィール
文化事業部
セーラの単語
市ゴミゼロ
桶仕込み保存会
小布施ミニマラソン
小布施ッション
修景事業

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
ブルームーン



同じカテゴリー(自然の風景)の記事画像
【写真紹介】池のまんじゅう
【写真紹介】水鏡
【写真紹介】私の好きな岡崎の風景
【写真紹介】南公園の夕暮れ
【写真紹介】ちょっとドライブ
【写真紹介】梅が咲く季節になりました
同じカテゴリー(自然の風景)の記事
 【写真紹介】池のまんじゅう (2021-12-28 14:15)
 【写真紹介】水鏡 (2021-10-06 10:00)
 【写真紹介】私の好きな岡崎の風景 (2021-08-13 12:30)
 【写真紹介】南公園の夕暮れ (2021-05-12 09:00)
 【写真紹介】ちょっとドライブ (2021-04-16 16:21)
 【写真紹介】梅が咲く季節になりました (2021-02-16 11:00)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(2)自然の風景
この記事へのコメント
シモンさん、こんばんは。

「ブルームーン」

このような現象があるとは、はじめて知りました。

いつもと同じに見える月夜も、見方によっては、神秘的に見えてくるのでしょうね。3月にはそんな気持ちで満月を見てみようと思います。(シモンさんの写真、神秘的な印象が表現されていますね。)
Posted by キノシタ at 2010年02月02日 21:48
こんばんはキノシタさん。

もちろん、私も知りませんでしたよ。30日テレビの報道で知りました。そんな珍しい日だと知ると、ブルームーンの光線が不思議なパワーを病院に降り注いでいるように見えました。
Posted by シモン at 2010年02月02日 22:33
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
ブルームーン
    コメント(2)