› 岡崎いいとこ風景ブログ › くらしの風景 › 市街地を望む

2010年02月24日

市街地を望む

市街地を望む
岡崎の中心市街地は、乙川が東西に流れ、河岸段丘を形成しています。
乙川を挟む北の丘陵地の坂は、市街地を望む格好の眺望点です。
ここは、岡崎城の鬼門に位置する「甲山(かぶとやま)」の甲山閣付近。

この付近からの眺めは格別です。

岡崎城方面を望むと市街地を見下ろす農地が日をいっぱいに浴びていました。

江戸時代、城の鬼門であるこの地より、岡崎城を中心とする城下町が眼前に広がっていた景色を想像するのも楽しいですね。

撮  影  日  平成22年2月
撮 影 場 所  六供町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
市街地を望む



同じカテゴリー(くらしの風景)の記事画像
【写真紹介】水鏡
【写真紹介】私の好きな岡崎の風景
【写真紹介】南公園の夕暮れ
【写真紹介】梅が咲く季節になりました
春はすぐそこ
殿橋上に大輪の花咲く
同じカテゴリー(くらしの風景)の記事
 【写真紹介】水鏡 (2021-10-06 10:00)
 【写真紹介】私の好きな岡崎の風景 (2021-08-13 12:30)
 【写真紹介】南公園の夕暮れ (2021-05-12 09:00)
 【写真紹介】梅が咲く季節になりました (2021-02-16 11:00)
 ★11月17日開催 歴史まちづくりシンポジウム~郷土食の八丁味噌造りにみる歴史的な風情を磨く~ (2019-11-12 12:00)
 春はすぐそこ (2019-02-26 13:49)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)くらしの風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
市街地を望む
    コメント(0)