› 岡崎いいとこ風景ブログ › くらしの風景 › くらしに息づく祭礼

2010年08月06日

くらしに息づく祭礼

くらしに息づく祭礼
くらしに息づく祭礼
この季節、吹矢橋の北詰めの欄干に、竹に注連縄、紙垂(しで)が2本立ちます。

明日の土曜日に行われる菅生神社の祭礼(花火大会と同時開催)に関係があるそうです。今は殿橋の西にある菅生神社は、名前からも推察のとおり、もともとは菅生町にあったそうです。もともとあった菅生町の地元住民らによって、祭礼のこの時期、吹矢橋にこの竹が立てられる文化的な景観が継承されています。

古来、白い紙はそれ自体に清める力があるとされ、注連縄につけた紙垂が風で揺れるたびに祓い清められるのだそうです。

暑い日々が続きますが、橋を渡るときは、スーッと風が抜けて気持ちが良いものです。紙垂が揺れるたびに元気が湧きそうです。

【岡崎市史より】
江戸時代は6月15日、16日に行われた菅生天王社の祭礼、天王宮舟祭とも称された。しかし、宝暦8年(1758)に菅生天王社の神主松平師延の記した「菅生天王宮年中行事」によれば、6月祭礼としては社前3箇所に忌竹・榊・しめ縄を飾り、疫病退散の祈祷などの神事が行われたのみで、この頃はまだ鉾舟を菅生川に浮かべ花火を奉納する賑やかな祭礼ではなかった。舟祭りの祭礼がいつ頃から始まったのか明確ではないが、鉾舟を浮かべ、花火を奉納するというのは津島天王宮や吉田(現豊橋市)の天王祭りにならったのであろう。文政5年(1822)に金魚花火が奉納され、鉾舟が出たとの記録があるので、おそらくこの頃には始まったと思われる。この花火は、昭和33年(1958)からは岡崎夏祭り花火大会と合併し、8月第1土・日曜日にかわった。

撮  影  日  平成22年8月
撮 影 場 所  吹矢橋(菅生町)/地図
投  稿  者  キノシタ


<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
くらしに息づく祭礼



同じカテゴリー(くらしの風景)の記事画像
春はすぐそこ
殿橋上に大輪の花咲く
岡崎公園の藤棚
ねぶくろシネマ in 岡崎
なのはな遊歩道10周年記念ふれあいイベント
岡崎公園の早咲き桜三景
同じカテゴリー(くらしの風景)の記事
 ★11月17日開催 歴史まちづくりシンポジウム~郷土食の八丁味噌造りにみる歴史的な風情を磨く~ (2019-11-12 12:00)
 春はすぐそこ (2019-02-26 13:49)
 殿橋上に大輪の花咲く (2018-08-09 08:06)
 岡崎公園の藤棚 (2018-04-23 13:17)
 ねぶくろシネマ in 岡崎 (2018-04-23 13:05)
 なのはな遊歩道10周年記念ふれあいイベント (2017-04-21 09:53)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)くらしの風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。