2010年08月28日

伝誓寺


「伝誓寺」は、浄土真宗大谷派の寺で、創建は古く、江戸時代以前からあった寺です。
この寺の由緒は、昔は「大蓮坊(だいれんぼう)」と言い、天台宗の寺でしたが、蓮如上人が布教したおりに改宗して、浄土真宗の寺となり、寺の名も「伝誓寺(でんせいじ)」としたと言います。現在、「大蓮坊」という地名は、藤川運動広場の近くに残っています、したがって、この寺は、天正18年(1590)に古い道が移されてから、現在地に移転したと思われます。
ところで、現在建てられている伽藍(がらん=寺院・僧坊の総称)は、昭和34年の伊勢湾台風で大きな被害を受け、その後改修されて、今の建物となっています。

寺の本尊は、「阿弥陀如来立像」。
伝説として「彫り竜馬」の透かし彫り等が欄間に懸かり、「泥棒と水晶」の仏頭も堂内に安置されています。
【藤川宿の散策のしおり/藤川まちづくり協議会】

撮  影  日  平成22年8月26日
撮 影 場 所  藤川町/地図
投  稿  者  都市計画課

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。