› 岡崎いいとこ風景ブログ › 里山の風景 › 茅葺の里

2010年09月20日

茅葺の里





一度行ってみたいと思っていたら、お昼のニュースで『茅葺屋根の家で、写真展をやっている」そんなニュースでした。ほんの数秒でしたが、もしや!!っと思い、パソコンで地図を調べ出掛けてみた。

その茅葺の家は、とっても自然でした。

額田地区のフォトクラブの人たちの写真展でした。

その日、担当されていた人とお話ししたら、この茅葺の家は、8年前まで、おばあさんが一人で住んでいたそうです。それで、この家はとっても馴染み深く感じたのかもしれません。

この茅葺の家では、色んな行事が催しされているようで、大切に守られているなぁ~と感じました。稲穂も稔り、額田地区では稲刈りが始まっていました。この茅葺の里でも、稲刈りがあるようです。これから、田んぼの畔に「彼岸花」が咲くそうです。楽しみにしています。

山里風景を眺める事ができて、本当によかったと思います。

撮 影 日  平成22年9月13日
撮 影 場 所  茅葺の里(千万町町)/地図
投 稿 者  TERU

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(里山の風景)の記事画像
紅葉まつり
夏至の日の夕焼け
木陰
三ツ又群生
桜形の霊水(さくらがたのれいすい)
天恩寺とその近辺
同じカテゴリー(里山の風景)の記事
 紅葉まつり (2018-11-16 17:43)
 夏至の日の夕焼け (2018-06-22 09:36)
 木陰 (2014-03-19 08:30)
 三ツ又群生 (2014-03-14 08:30)
 桜形の霊水(さくらがたのれいすい) (2014-02-03 08:30)
 天恩寺とその近辺 (2012-11-27 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(3)里山の風景
この記事へのコメント
こんばんは、TERUさん

オー! 「案山子が懐かしい」最近は電気の柵で風情がないですから、茅葺の家との相乗効果で昔を

思いだします。こういったシュチエーションでは「トノサマガエル」「アマガエル」「ザリガニ」「テナガエビ」

「ドジョウ」「メダカ」「モロコ」「タガネ」「ゲンゴロウ」「タニシ」「シジミ」「イナゴ」を思いだします。

今はどこかにいっちゃったけど「みんな私の友達」です。
Posted by シモン at 2010年09月20日 20:17
TERUさん、シモンさん、こんばんは。

最後の「案山子」と茅葺屋敷の景観がとても日本的で懐かしい感じがすると同時に、岡崎にはこんなステキな風景が今もあることを誇りに思います。

TERUさん、なかなか良い写真の構図ですね。
案山子の色彩がアクセントになっていて、とても大好きな写真です。

彼岸花の季節も楽しみですね。

シモンさん、本当に昔はいっぱい、いましたよね☆
スルメでザリガニ捕まえたり・・・

この風景を見ていると、「あ〜懐かしいな!」
Posted by キノシタ at 2010年09月20日 20:55
シモンさん キノシタさん 
コメント ありがとうございます
こちらの 茅葺の里の 案山子・・・とっても 上品でステキでした
シモンさんのお友達・・・・いっぱいいるんですね~
でも、きっと 田んぼや川にはいるんですよ~
ただ 通り過ぎてしまっているんじゃないかと思います

キノシタさんは 岡崎市に長くお住まいになってるでしょうから
色んな情報がありますよね~
私は ネットで調べたりして 出掛けて行きます
ですから、この茅葺の里の情報 分かっていた積りですが
やはり 行ってみない事には 始まりません
あたたかな人とのふれあいが 嬉しかったです

また 行ってみようと思います
Posted by TERU at 2010年09月24日 18:32
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。