› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 大庄屋/齋藤家その1

2011年01月08日

大庄屋/齋藤家その1




六名にある大庄屋であった「齋藤家」。
現在も風格を感じさせる外観の建物群とクロガネモチの大木が、周辺の景観を特徴づけ、歴史を伝えています。

正保4年(1647/将軍/徳川家光)以降、岡崎藩は、手永(てなが)と呼ばれる行政区画を設け、各手永毎の大庄屋に支配させるシステムを採用。大庄屋は名字帯刀が許され、行政能力や経済力を備えている者が選出されました。

 ・川西手永      下佐々木 太田家
 ・上野(長瀬)手永  中園   岩槻家
 ・額田(北山中)手永 薮田   神尾家
 ・東山中手永     洞    永井家
 ・山方手永      六名   斉藤家
 ・堤道手永      中ノ郷  長嶋家

撮  影  日  平成23年1月
撮 影 場 所  六名南一丁目/地図
投  稿  者   キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
中学生の歴まち巡り
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 中学生の歴まち巡り (2018-08-21 14:13)
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。