› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 阿弥陀寺(あみだじ)

2011年05月02日

阿弥陀寺(あみだじ)


宿場町であった藤川地区では、地元のまちづくり団体である「藤川まちづくり協議会(旧藤川宿まちづくり研究会)」の作成した案内板がいたるところに整備されていて、藤川地区の歴史文化を知り学ぶことができます。

【現地案内板文】
「阿弥陀寺」は、山号を「白馬山」、寺号を「阿弥陀寺」という。
浄土宗西山深草派の寺で、現在は無住で、当寺の西にある同宗の徳性寺が管轄している。
本尊は、像高70センチほどの木造・阿弥陀如来座像である。
像には全体に金箔が施されていて、本体と台座との調和がとれた端正な姿の仏像である。
江戸中期の記録「宿村大概帳」に次のようにある。
「年貢地 禅宗 阿弥陀寺 但 右寺往還より壱町程引込有之 手狭二候得共、宿方差支之節は 休泊請候儀も有之」
かつては禅宗の寺であったが、改宗して浄土宗となったようだ。また堂宇の位置は、災害や国道の改修によってたびたび変わり、現在の場所となった。
【藤川まちづくり協議会】

撮  影  日  平成23年3月
撮 影 場 所  市場町/地図
投  稿  者  キノシタ

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
名越の祓
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 名越の祓 (2018-07-02 09:29)
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。