› 岡崎いいとこ風景ブログ › 産業の風景 › 八帖蔵通り②

2009年01月18日

八帖蔵通り②


「八丁味噌」の名は、愛知県岡崎市の岡崎城(徳川家康生誕の城)から西へ八丁(約870メートル)の距離にある八帖町(旧八丁村)に由来しています。この地は、矢作川の舟運と旧東海道が交わる水陸交通の要所で、江戸時代には土場(船着き場)・塩座(塩の専売)があり、舟運を利用して原料の大豆や塩を調達し、味噌の出荷ができました。また、矢作川の良質な状流水にも恵まれ、八丁味噌造りの条件が揃っていました。現在も地場産業として、また郷土の味として「カクキュー」、「まるや八丁味噌」の2社がその味を伝えています。

撮 影 日  不明
撮影 場所  八丁蔵通り(八帖町)/地図
投 稿 者  都市計画課


 あなたのいいとこ写真、ご応募くださいにっこり

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!





同じカテゴリー(産業の風景)の記事画像
八帖探索!
産業遺産のある風景 (岩津水力発電所)
夏の八帖
産業遺産を見てきました(ガラ紡績水車)
秋の六供配水場
石工団地
同じカテゴリー(産業の風景)の記事
 八帖探索! (2015-04-08 13:43)
 産業遺産のある風景 (岩津水力発電所) (2013-12-20 08:30)
 夏の八帖 (2013-07-11 08:30)
 産業遺産を見てきました(ガラ紡績水車) (2013-05-30 08:30)
 秋の六供配水場 (2012-11-05 08:30)
 石工団地 (2012-09-10 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)産業の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。