› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 伊賀八幡宮

2009年08月01日

伊賀八幡宮


伊賀八幡宮は、社伝によれば、文明2年(1470)松平四代の親忠(ちかただ)が松平の氏神として、社を三重県の伊賀より移したことにはじまると伝えられます。社殿は、本殿、幣殿、拝殿が連結した権現造で、寛永13年(1636)三代将軍家光により、現在の社殿に整えられました。平成18~20年度にかけて、40年ぶりに屋根の葺替えを中心とした保存修理工事が実施されました。【岡崎の文化財/建造物】

撮 影 日  平成21年7月
撮影 場所  伊賀町/地図
投 稿 者  都市計画課

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
岡さんぽ!をしました
浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑
願かけ油上げ@菅生神社
茅の輪くぐり@岡崎天満宮
梅雨の晴れ間の岡崎城
雪化粧の随念寺
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 岡さんぽ!をしました (2018-04-10 18:30)
 浄瑠璃姫観月荘跡と記された石碑 (2018-03-19 08:55)
 願かけ油上げ@菅生神社 (2017-07-04 08:30)
 茅の輪くぐり@岡崎天満宮 (2017-07-02 20:33)
 梅雨の晴れ間の岡崎城 (2016-06-20 13:52)
 雪化粧の随念寺 (2016-01-22 08:30)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。