› 岡崎いいとこ風景ブログ › くらしの風景 › 文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」

2011年10月06日

文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」

今回は、司馬遼太郎の「覇王の家」(新潮文庫、1979年11月初版発行)の2回目です。

同書の21頁に、「小豆坂合戦とは、駿河の今川勢が、天文一七年八月十日、尾張の織田信秀を三河岡崎外羽根という字にある小豆坂において大いに破ったという、東海地方にあってはすでに伝説化している大戦勝の記録である。(中略)その合戦には、今川の保護領である家康の三河岡崎が、例によって先手の弾ふせぎにつかわれ、一団が黒煙りの立つような勢いで先陣を駆け、奮戦した」、とあります。

文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」
現在も羽根町に小豆坂の地名は残っているが、開発が進み道路や商業施設、住宅が建ち並び、家康やその家臣が駆け下った当時を偲ぶ景色はありません。写真は羽根町小豆坂交差点から、県道26号線を北に眺めた現在の坂の風景です。

文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」
県道26号線の光ヶ丘高校のある交差点付近に、小豆坂合戦に関する史跡がまとめて整備されています。

文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」
文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」
そのほかにも、近辺に馬洗池跡の石碑や小豆坂古戦場モニュメントなどがあります。モニュメントは徳川家、織田家、今川家の家紋を描いて、現代風景にとけこんだデザインです。

撮影日  平成23年10月2日
撮影場所 羽根町小豆坂近辺
投稿者  岡崎エクスプローラー

にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」

岡崎市景観計画案はこちら文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」

文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」
文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」



同じカテゴリー(くらしの風景)の記事画像
【写真紹介】水鏡
【写真紹介】私の好きな岡崎の風景
【写真紹介】南公園の夕暮れ
【写真紹介】梅が咲く季節になりました
春はすぐそこ
殿橋上に大輪の花咲く
同じカテゴリー(くらしの風景)の記事
 【写真紹介】水鏡 (2021-10-06 10:00)
 【写真紹介】私の好きな岡崎の風景 (2021-08-13 12:30)
 【写真紹介】南公園の夕暮れ (2021-05-12 09:00)
 【写真紹介】梅が咲く季節になりました (2021-02-16 11:00)
 ★11月17日開催 歴史まちづくりシンポジウム~郷土食の八丁味噌造りにみる歴史的な風情を磨く~ (2019-11-12 12:00)
 春はすぐそこ (2019-02-26 13:49)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)くらしの風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
文学に見る風景⑧「覇王の家(その2)」
    コメント(0)