› 岡崎いいとこ風景ブログ › 歴史の風景 › 藤川地区~津島神社

2010年05月25日

藤川地区~津島神社

藤川地区~津島神社
宿場町であった「藤川宿」は、現在の藤川町と市場町。藤川町の氏神が関山神社、市場町の氏神は津島神社です。
旧東海道沿いから北へ参道が延びていますが、その参道は、線路や道路と直交するため、分断されており、この参道で本殿へ参ることはできません。

「目の前の景色には意味がある。」

藤川の地は、北と南を山に挟まれる狭あいな地。ゆえに交通の要所として、川、道路、線路などがひしめき合っています。むかし、むかし、鎌倉街道が通り、東海道へと。街道の北の山々に社寺が設けられ、街道と直交するかたちで参道が整えられ、近代に入ると、鉄道や道路が整備された・・・。歴史の積み重ねをこの景観から読み取ることができます。

【藤川のあらましを知る〜藤川学区社会教育委員会・藤川宿まちづくり研究会〜】
津島社は、加宿市場村の鎮守である。往古は「牛頭天王宮」と称していたようで、祭神は「須佐之男命」である。明治2年に社名を「津島社」と改名し、後に「津島神社」と称するようになった。現在は境内が名古屋鉄道と国道1号に分断されていて、旧東海道筋には、燈籠一対と社標「津島神社」石碑が建っている。

撮  影  日  平成22年5月
撮 影 場 所  市場町/地図
投  稿  者  キノシタ

<にっこりあなたのいいとこ写真、ぜひ、ご応募ください!応募はこちらカメラ

↓ランキングに参加してます★ワンクリックお願いします!
藤川地区~津島神社



同じカテゴリー(歴史の風景)の記事画像
【写真紹介】水鏡
【写真紹介】初夏の乙川
【写真紹介】もういちど散策
歴史散策に活用できる、歴史観光サインの多言語翻訳の閲覧・音声再生用QRコード付きのカードを配布します
岡崎市の新しいシンボル「徳川家康公像」が完成しました!
6月2日 岡崎百景の会おでかけツアー「悠紀斉田お田植えまつり」開催のお知らせ
同じカテゴリー(歴史の風景)の記事
 【写真紹介】水鏡 (2021-10-06 10:00)
 【写真紹介】初夏の乙川 (2021-06-07 13:15)
 【写真紹介】もういちど散策 (2021-05-11 08:00)
 歴史散策に活用できる、歴史観光サインの多言語翻訳の閲覧・音声再生用QRコード付きのカードを配布します (2021-04-22 09:43)
 岡崎市の新しいシンボル「徳川家康公像」が完成しました! (2019-11-26 11:26)
 ★11月17日開催 歴史まちづくりシンポジウム~郷土食の八丁味噌造りにみる歴史的な風情を磨く~ (2019-11-12 12:00)

Posted by 岡崎市まちづくりデザイン課 at 08:30│Comments(0)歴史の風景
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
藤川地区~津島神社
    コメント(0)